彼氏がいない女子のお悩み相談室

女子が彼氏を作りたいと悩んでいることを解決するためのサイトです! - 愛したい派と愛されたい派

愛したい派と愛されたい派

あなたは愛したい派ですか?それとも愛されたい派ですか?
もしくは愛する/愛される、どちらがより女性を幸せに導くと思いますか?
誰かを好きでいたい、愛したい!という女性もおられれば、追いかけられて愛されるぐらいがちょうどいいというのも良く聞く話です。
しかし、身の回りの「ダメになってしまった恋愛、交際」はほとんどが「彼に重いと言われて逃げられた」というパターン。
女性が愛せば愛すほど、恋愛って失敗しがちなのでしょうか。
好きだからこそ逃したくない、その一心で頑張れば頑張るほど上手くいかない…愛されるより愛したい派のアナタが誰かを好きになった途端、いつものアナタには備わっているはずの理性や計算、経験則がどこかへ飛んでいってしまって、余裕がなくなってしまうんですね。
恋について恋は盲目とはよく言ったものですが、余裕を失ったアナタの心に生じるのは執着心や焦りの気持ち。
「この人を最後の人にしたい!」「運命なんだから!」と心中叫んでしまっていませんか?
コントロールできない執着心や感情でココロが一杯になってしまうと、自分自身のみならず相手さえ追い詰めてしまうのです。
あなたは必死に自分を捧げ、自分の想いを躍起になって伝えようとする…何も悪いことじゃありません。
でも大方の男性にしてみれば「面倒」「厄介」でしかないのです。
愛すれば伝わる、話せばわかる、そもそもそういう詰めより方が男性に対しては無効だということを知りましょう。
生物学的な男女の違い、オトコってそういうもんなんだと一度納得してほしいのです。
愛したい派であることに、何も反論はありません。
でも直情的に愛をぶつけても、結局は「こいつなんかヤバイ」と面倒さを察知されて逃げられるだけ。
冷静で客観的な視点、感情のコントロールができてこそ、幸せな「愛したい派」になれるのです。

Copyright(C)2014 彼氏がいない女子のお悩み相談室 All Rights Reserved.